2018年10月14日日曜日

季節は秋へ

10月に入りました。
近所の田んぼでは稲刈りが行われ、収穫の秋。
スーパーにも秋の味覚が並んでおり、美味しいものについ手がのびてしまいます。(^ ^)

また行楽や行事の多い時期ですが、最近は台風や雨が続き、天候に恵まれず予定変更された方もいらっしゃったのでは? 
お天気ばかりは仕方ないと思いつつも、仕事や家族、移動手段の調整など大変ですよね。

我が家は9月下旬の運動会が2回延期になってしまいました。今は子供も大きくなり、家族皆んなでの参観はなくなりなりましたが、過去にはお天気に苦労した事も思い出されます。
色々な学校行事も子供の成長と共に段々と少なくなりました。学生卒業まで残り数年となり、楽になったなぁと同時にちょっとした寂しさも感じています。不思議と悩みは減りませんが、(^_^;)

諸事情でお出かけが難しい方、近所のお散歩はいかがでしょうか。私は愛犬とまったり&お散歩で癒されております。
爽やかな秋風を感じながら、家族、友人、ペット、お一人でなど、ちょっとした発見があるかも!?

「涼しい」が徐々に「寒い」に変わり始める季節。上着をもう一枚羽織るかどうか玄関先で迷うことも多いと思いますが、体調管理には十分に気を付けたいですね。       岩切

2018年9月25日火曜日

インフルエンザの予防接種についてQ&A


インフルエンザの予防接種についてQ&

・他の予防接種との接種間隔は?

   →麻疹、風疹、BCG、おたふくかぜ、水痘は27日以上あけてインフルエンザワクチン接種が可能

   →日本脳炎、肺炎球菌感染症、ヒトパピローマウイルス、Hib感染症、ジフテリア、ポリオは6日以上あけてインフルエンザワクチン接種が可能

   →インフルエンザワクチンは6日以上あけて上記のワクチン接種が可能

※医師が必要と認めた場合は2種類以上の予防接種を同時に行うことができます。小児科の先生に確認してみて下さい。

※熱性痙攣は3ヶ月後に接種可能


・子供はどうして2回接種するの?

   →子供は免疫が未熟なためワクチンの効果がつきにくい。生後6ヶ月以内の赤ちゃんはお母さんからの免疫が残っているため、インフルエンザにはかかりにくいと言われている。


・大人は2回接種しなくても良いの?

   →大人であればすでに免疫が一度作られているため、一度の接種で十分免疫がつく。時々2回希望される人がいるが、1回で十分なことは研究で証明されている。


・ワクチンの予防効果の持続期間は?

   →個人差がありますが、一般的には接種後2、3週間目頃から5ヶ月間程度効果が持続するとされている。


・子供が予防接種を1回しか受けないのは意味がない?

   →1回接種でもある程度抵抗力はつきます。受けないよりたとえ1回でも受けておいた方が良いでしょう。


・予防接種を受ける時期はいつ頃が良い?

   →抵体ができるまでに3、4週間かかるので、インフルエンザが流行る1月までに抵体をつけておくとすれば12月中旬頃までに接種することが良い


・子供の2回目接種の期間は?

   →なるべくに近い方が効果は良いので3週ぐらいあけるのがベスト


・予約取れなくて2回目が4週以上あいてしまう…

   →それでも2回目受けないよりは受けた方が良い


・卵アレルギーの人の接種は?

   →インフルのワクチンは卵の卵白や卵黄そのものを使って製造されるわけではない。火を通した卵が食べれる人は大丈夫。


・授乳婦の接種は大丈夫?

  →インフルエンザワクチンは不活化ワクチンのため病原性をなくしたウイルスの成分を用いているため、体内で増える事もなく母乳を介して赤ちゃんに影響を与えることもない。


・妊婦の接種は大丈夫?

   →授乳婦と同じく、特に制限はありません。

以上は目安で必ずしも全ての方にあてはまるわけではありません。気になることがございましたら個別に医師にお尋ねください。
                                 事務 勝村

2018年9月3日月曜日

夏休み終了♫

 厳しい暑さが続いておりましたが、朝夕は秋を感じる季節となりました。
夏休みも終わりましたね。長い長い夏休み・・・食事の準備など休まる暇がなかったお母様方ほっとしますね。私も一緒です。
 しかし、今年は娘が朝の食器洗いを担当してくれるようになりました。私がやっているようにしてくれており、びっくり嬉しいできごとでした。

 今年の夏の旅は富士山です。夏はなかなか姿を見せてくれないという富士山がこんなに綺麗に見えました。
本栖湖(紙幣にも使用されている逆さ富士のモデル)

本州一の透明度を誇る本栖湖をカヤックでひとりじめ
ただ、ダニ・ハウスダストアレルギーがある子供たちは、定番まくら投げ後から、
くしゃみ、鼻水と帰ってからの咳の症状が出ました。
来院される患者様の中にも、旅行や帰省先で布団やまくらが変わることによりアレルギー症状がでてしまったのではないかという方がたくさんおられます。
自分のアレルギー症状を引き起こしている原因(アレルゲン)を知ること、対応策を知ることは大切だと実感いたしました。思い当たることがありましたらご相談くださいね。

                                   久保







 

2018年7月22日日曜日

酷暑

 酷暑、炎暑、猛暑…テレビの報道から頻繁に耳にする今夏です。
クーラーを利用しない日はない、湯だった鍋に蓋をしたいほどの厳しい暑さ。
西日本豪雨で被災された方々の健康状態が懸念されます。
1日でも早く復旧されますことを祈念し、私も「暑い暑い」とばかり口にせず暑さと向き合いながら工夫して乗り越えたいと思います。
室内温度が少しでも下がるよう、遮光カーテンやサンシェードなどを活用し、クーラーの設定温度を抑えて扇風機を回し空気を循環させると、資源と体の省エネになるそうです。

 さて、今回は「怒りとの付き合い」についてお話させていただきます。

 こどもたちは、夏休みに入りましたね。約1ヵ月は自宅で過ごす時間が多くなり、つい遊びに夢中になってしまい宿題や勉強が疎かになったり、起床就寝時間の乱れなどなど、親御さんは昼食の準備や宿題の心配をしたりと…ゆったりとした気持ちで暮らしと思っていても、ちょっとしたことで怒りが爆発しカッとなってしまうこともあるかと思います。
そんな時は、怒りにかられて即座に行動せずに、気持ちをそらすことが大事だとか。
いったん怒りの感情から離れる時間を持つことで、後悔することを避けられるはずと言われております。 

ポイントは…
○まず6秒間待ってみる。怒りのピークは6秒。
○深呼吸をしてみる。
○目薬をさしてみる。
○目の前の持ち物の特徴を観察してみる。
○好きな場所や食べ物のことを思い出す。

参考文献
朝日新聞 日本アンガーマネジメント協会

 私は、暑さや忙しさにかられてイライラしてしまいがちなので(自身のことを瞬間湯沸し器と呼んでます)アンガーマネジメントできるように努めたいと思います。

                 事務 : 家森


2018年7月11日水曜日

大雨

先月の地震に続き 7月始めからの大雨で いろんな被害が出ていますね。
大雨の時、香芝市内でも 大雨による避難準備情報の警報が電話から鳴り響き
本当にびっくりしました。
いざという時に避難場所まで歩いていくとき 危険ではない場所を確認しておかないと
いざ避難となったとき 被害に遭う可能性もあるので 自治体から頂いたハザードマップ
見直さなければならないな・・と思いました。

またこの数年の大雨の多い事!本当にいつ自分も被害にあうかと思うと他人事ではありません。といっても何かできるとすれば募金くらいで・・・
 でも最近ふるさと納税制度を使って被災自治体に直接寄付できるようになってきています。被害が甚大な自治体の場合、事務手続きなど負担にならないように
被害のない自治体が代行してくれたりしていることもあるのでそういう寄付の仕方もありですね。
そういう義援金の仕方もあること知っていただければいいなと思います。

雨降ったり暑かったり、体調崩すことも多いかと思います。
お身体ご自愛くださいね

あとそろそろダニが増える季節です なんだか鼻がぐずぐずするなあー
とか今頃鼻炎症状がある方はそういう可能性もありますのでご注意を!

 森本でした。早く被害にあわれている方が平静な生活に戻れますように・・

2018年6月17日日曜日

梅雨


こんにちわ。

もう6月ですね。
あっと言う間に半年が過ぎてしまいました。


梅雨の時期に入り、ジメジメと雨の日が多く、また朝晩の気温の変化になかなかついていけず、この時期は昔から苦手です。

苦手な時期でも、紫陽花きれいだなーと、いつも癒されます。
雨粒がつき、お花がキラキラして輝いて見えます。

またいろんな色があるのも素敵ですよね。

紫陽花が綺麗な場所知ってたら、また教えて下さい。


体調に気を付けながら、梅雨を乗り越えましょう。
      
   山中

2018年5月6日日曜日

新学期が始まって1ヶ月が経ちましたね。
生活環境が変わった方も少し慣れてきたのではないでしょうか?

先日、京都の宇治にある正寿院というお寺に行ってきました!
お寺の襖がハート型になっていて「幸せを呼ぶ窓」とSNSでも人気のお寺なんです。
少し山奥にある為なかなか行ける機会がなかったんですが連休を利用して行ってきました。

ハートの窓は「猪目窓」といい、日本の伝統的な文様で災いを除き、福を招くとして古くから親しまれてきたそうです。


正寿院はハートの窓だけではなく、約160枚の絵で埋め尽くされた「花天井画」もポイントで約100名の日本画家の協力によって描かれているそうで、カラフルでとても可愛かったです。

襖から見える景色は季節毎に変わるので、今度は秋か春にまた行きたいと思います


お昼は暑いくらいですが、朝晩はまだ少し肌寒い日もあるので体調を崩さないよう気をつけてお過ごし下さい