2019年6月26日水曜日

梅雨だる

こんにちは。

今年は、梅雨入りが遅れているようですね。近畿地方で最も遅かった年は、1958年6月25日で61年ぶりに記録が更新される年となりました。間もなく梅雨入りのようですが、しばらくは、湿度が高くジメジメとした梅雨時期特有の環境で過ごさなければなりませんね。
梅雨時期は、なんだか体調が優れない方もいらっしゃるかと思います。そこで、今回は「梅雨だる」についてお話させていただきます。

※「梅雨だる」とは、梅雨時期に起こる体の不調の事。 

◎気温差
「梅雨だる」は「自律神経」と関係しているそうです。通常人間は、寒くなると体温を維持しようと交感神経が優位になり、血管を収縮させ血圧が上がりますが、人により交感神経が優位になる事がきっかけで不調になるようです。
「頭痛」「古傷」「眠気」「だるさ」
こうした梅雨だるの症状が起こる場合は、規則正しい生活をして、自律神経を整える事が大切です。

気温差で不調になる方は…
1.食事
エネルギー源となるビタミンB群、ストレスから守ってくれるビタミンCがおすすめで、朝食は自律神経を整えるので必ず食べましょう。
2.運動
負荷が少なく続けられるウォーキングなどの軽い有酸素運動を行いましょう。

3.睡眠
眠る直前に、刺激の強いスマートフォンやパソコンなどの操作はやめましょう。

◎気圧差

「梅雨だる」は、耳の奥にある「内耳」とも関係しているそうです。内耳とは、鼓膜の奥にある三半規管などの事。視界と連動し体のバランスをとる働きがあり、気圧を感知し脳に伝えています。しかし、気圧の変化は目に見えないため、気圧が激しく上下する梅雨時期は、人によっては脳が混乱してストレスとなります。すると、自律神経のバランスが崩れ、体の不調につながります。内耳が敏感な人ほど、気圧差によって梅雨だるの症状が起きやすくなると言われています。

気圧差で不調になる方は…

耳栓や耳のマッサージなどがおすすめのようです。

気象台の予報では、梅雨明けは7月18~21日ごろのようです。
この世の植物や生物にとって雨は生存に不可欠です。
雨と上手に向き合いながら、梅雨が明けるのを待ちましょうね。

事務 : 家森

2019年6月6日木曜日

梅雨


6月に入り そろそろ梅雨入りの頃ですね。
今の時期は雑草に反応して鼻炎などで来院するかたを見かけます。お出かけで公園などいくかたは要注意ですね!

そして 杉やヒノキの花粉が一段落したので舌下免疫療法をはじめてみようという方には開始するにはいい時期かも。

写真は毎年この時期になるとうちの家で咲くアルペンブルーというお花です。涼しげな色がお気に入りです

看護師の森本でした



2019年4月21日日曜日


こんにちは。
山中です。
今年に入って、もう4ヶ月が経ちますね
毎日が、あっという間に過ぎていく感じです笑


今年の花粉は、めっちゃ多かったですね
本当にビックリしました笑






写真を見るだけでもすごいです笑

鼻はムズムズし、目もすごく痒くて、辛い方も多かったと思います。

3.4月は花粉は辛かったですけど、桜は綺麗でしたね笑

桜は見ましたか?

私は散歩しながら、よく桜を見てました。


すごく綺麗でしたねー
満開の時、ちょうど天気もよくて、ポカポカでお花見日和でしたね。

雨の後の桜も、すごく綺麗でした。







もうすぐ5月、季節の変わり目は、体調崩しくことが多いので、皆さまも気を付けていきましょう。



2019年1月20日日曜日

インフルエンザ警報

年が明けてあっという間に1ヶ月が過ぎようとしています。

全国でインフルエンザが流行っているようで、奈良県でも遂に17日にインフルエンザ警報が発令されました。
インフルエンザ警報とは、インフルエンザの患者数が基準を超えたとして感染を予防するように呼びかける警報だそうで今年は昨シーズンよりも1週間早く発令されたそうです。

マスクの着用や手洗い・うがいを徹底されている方も多いと思いますが、こまめに水分を取ることもインフルエンザの予防に効果的みたいです。

インフルエンザウイルスの感染は、ウイルスが粘膜に接触してから数十分以内に完成するとも言われています。

ノドの乾燥を防ぎ、粘膜上から異物を排除する繊毛の働きを高める、という点ではうがいは良いですが、ノドの粘膜を潤し、ウイルスを侵入前に洗い流すのであれば、実はうがいよりも水分の摂取が効果的だとか。ウイルスが胃に入ってしまえば、感染は生じないそうです。

マスクの着用や手洗いはもちろんですが、外出先や仕事中にも水分をこまめに摂ってインフルエンザにかからないよう気をつけてくださいね

細川




2018年12月5日水曜日

なぜ咳にハチミツが良いの?



 こんんちは♬
早いもので今年もあと1ヵ月ですね。
今年の冬は気温がころころ変わるので体調を崩された方も多かったのではないでしょうか。

 当院では咳症状で受診された患者さんに、”ハチミツ”をおすすめしています。
先日受診させた患者さんに『なんでハチミツが効くの?』と質問をいただいたので、ご紹介します♪

 ハチミツには強力な殺菌効果があります。
これはハチミツに含まれるグルコースオキシターゼという酵素によるもので、空気中の水分を吸収するとオキシドールという殺菌効果の高い物質になります。
このオキシドールの働きで、のどに付着した菌を除菌し、粘膜の炎症を鎮めて咳を止めるということなんです。
米国ではハチミツは、小児の咳止めと同等かそれ以上の効果があるというデータも出ているんですよ^^
小児の咳には寝る前にハチミツを食べると良いともいわれています。


さらにハチミツには、脳のエネルギーとなるブドウ糖が多く含まれているので、勉強の際に摂取すると脳の働きを促進するともいわれています。

 ハチミツを調べると、腸内環境を整えたり、老化防止にも良いなどいろんなものがありますが、あくまでも糖分なので摂りすぎには注意しましょう。

※1歳未満のお子さんにはボツリヌス菌症のリスクがあるためハチミツは絶対に与えないでください。
 
        

                             上島





2018年11月15日木曜日

冬の豆知識

ここ数日寒くなって来ましたね。
冬になるとだんだん外出が億劫になり
暖かい場所から動きたくないと思うのは私だけでしょうか?(笑)
そんな冬の豆知識をご紹介
①冬こそ代謝アップでダイエットにいいらしい!?
そのメカニズムとは「寒い!」と感じたら体(筋肉)は体温を36度台に保つ為にブルブル震えたりして体を温めようと筋肉を収縮させるので外気が30度を越す真夏より燃費を消費するので代謝が活発になるそうです。その為にはしっかりたんぱく質を取り筋肉をつけておかないといけません。
逆に筋肉がないと保温する為に脂肪を溜めようとして冬太りになるのでご注意を!

②寒い所での判断力は鈍る!?
春と冬では同じ迷路を解いたところ冬の方が1.8倍も時間がかかったそうです。冬に何か選択、決断する時は暖かい部屋でゆっくり考えるようにしましょう。

③冬は夏より電池の切れが早い!?
電池は温めると容量が増し、冷えると減るらしいので、電池切れで困った時に一時しのぎですが、電池を手で包んで温めると回復するようです。あくまでも一時しのぎで試してみて下さい。 

豆知識をお持ちの方、是非教えて下さいね(^o^)

まだまだ寒さはこれからです。
皆様手洗いうがいをしっかりし、マスクで予防も良し、風邪をひかないようご自愛下さい。
                受付 西田

2018年10月14日日曜日

季節は秋へ

10月に入りました。
近所の田んぼでは稲刈りが行われ、収穫の秋。
スーパーにも秋の味覚が並んでおり、美味しいものについ手がのびてしまいます。(^ ^)

また行楽や行事の多い時期ですが、最近は台風や雨が続き、天候に恵まれず予定変更された方もいらっしゃったのでは? 
お天気ばかりは仕方ないと思いつつも、仕事や家族、移動手段の調整など大変ですよね。

我が家は9月下旬の運動会が2回延期になってしまいました。今は子供も大きくなり、家族皆んなでの参観はなくなりなりましたが、過去にはお天気に苦労した事も思い出されます。
色々な学校行事も子供の成長と共に段々と少なくなりました。学生卒業まで残り数年となり、楽になったなぁと同時にちょっとした寂しさも感じています。不思議と悩みは減りませんが、(^_^;)

諸事情でお出かけが難しい方、近所のお散歩はいかがでしょうか。私は愛犬とまったり&お散歩で癒されております。
爽やかな秋風を感じながら、家族、友人、ペット、お一人でなど、ちょっとした発見があるかも!?

「涼しい」が徐々に「寒い」に変わり始める季節。上着をもう一枚羽織るかどうか玄関先で迷うことも多いと思いますが、体調管理には十分に気を付けたいですね。       岩切